艶つや習慣に副作用はあるの?

効果を感じるためには毎日継続して使用することが重要です。そういった場合、艶つや習慣の成分に副作用などの可能性があるのかを

事前に必ずチェックしておかないと思わぬところで痛い目を見ることがあります。今回は艶つや習慣の成分、副作用について解説していきましょう。

 

艶つや習慣の成分

 

全成分はこちらです。

 

水、BG、グリセリン、アンズ種子エキス、パーシック油、バチルス発酵物、ハトムギ種子エキス、マルピギアグラブラ果実エキス、オリゴペプチド-24、プラセンタエキス、アスタキサンチン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、クチナシエキス、ヒアルロン酸Na、アラントイン、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリエチルヘキサノイン、オクチルドデセス-20、ラッカイン酸、クチナシ黄、フルクトース、マルトデキストリン、ペンチレングリコール、クエン酸、カルボマー、水酸化Na、ピロリン酸4K、PG、エタノール、フェノキシエタノール

 

艶つや習慣には主な成分として、あんずエキスとハトムギエキスが使われています。この2つの成分は、首などにできるイボのケアには欠かせません。

あんずエキスに含まれるパルミトレイン酸には、肌を保護して角質を柔らかくする効果があります。

 

さらにハトムギエキスには、ヨクイニンという成分が含まれており、体にある異物を取り除く働きがあることから、角質のかたまりであるイボを綺麗に取り除くことができるのです。

あんずやハトムギはどちらも植物なので、肌にもとても優しいです。また、保湿成分としては、プラセンタエキス、アロエベラ、ヒアルロン酸などが入っています。

 

さらに肌年齢をケアするための成分として、コラーゲンやアスタキサンチンも含まれています。艶つや習慣の鮮やかなオレンジ色は、このアスタキサンチンの色素です。

アスタキサンチンは、老化の元になる活性酸素を除去し、細胞を若々しく保つために必要な栄養素です。食事ではとることが難しいので、スキンケアでしっかりと補給できるのは嬉しいですよね。

 

全成分を見てみても、科学的な成分は使われていないですし、薬のように強い作用があるわけでもありません。

強い副作用などが起こる心配もないので、老若男女問わず、どんな肌質の方でも安心して使うことができますよ。

 

成分の相乗効果により、艶つや習慣はイボのケアだけでなく、毎日のスキンケアとしても使えるアイテムなのです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ